家を知る
HOMEseparetor家を知るseparetorエスクロー調査報告

エスクロー調査報告

工スクロー調査は、過去の不動産紛争やトラブル事例をあらかじめ調査項目として設定し、権利関係・法令・設備・環境等に分類整理し、体系化した調査手法(エスクローツムラ社による)のことです。

エスクロー調査ご提案の理由

不動産取引で宅建業者は、売買契約までに買主へ不動産の重要事項説明(宅建業法第35条)を義務づけられています。 一般的には、宅建業法に従った規定の調査をし、重要事項説明を行います。
しかし、法規制のない部分については、調査されない可能性が多く、不動産の「隠れた瑕疵」がある場合あります。明確な規定もないことから積極的な調査や告知が行われていない場合あるのです。この「隠れた瑕疵」がトラブルの原因になる場合が多いのです。

宅地建物取引業法35条とは

宅地建物取引業者は、不動産売買・貸借の各当事者(取引相手方)に対して、その契約が成立するまでの間に、取引主任者として、物件に関わる決められた事項を書面と口頭によって説明(重要事項説明)することが義務付けられています。

徹底したCAAのエスクロー調査

エスクロー調査は、不動産の瑕疵について146項目の基本項目で調査し、法規制のない部分も徹底して調査します。 通常、同様の調査を単独で調査会社に依頼すると、約50万円~150万円のご予算が必要になります。 CAAのエスクロー調査では、「権利関係」・「法的関係」・「環境設備関係」に分類した、約270項目をご契約前に本格的に調査することで、お客様へ安心をお届けします。

エスクロー調査 約270項目 環境設備関係 権利関係 法的関係 CAAでは、各分野約270項目を本格的に調査しご報告いたします。