家を建てる
HOMEseparetor家を建てるseparetorCAAで理想の家づくりを

CAAで理想の家づくりを

CAAで理想の家づくりを

家を購入するのは人生でとても大きい買い物です。特に新築で一戸建ての建物となれば、「理想の家にしたい」、しかし、「予算も限られている」との理想と現実で悩まされます。また、大きい買い物ゆえに「失敗したくない」との思いも強いのではないでしょうか。この理想と現実を叶える家を探すため、多くの方が「建売住宅にしようか」、「注文住宅にしようか」で迷うはずです。また、「土地を買って家を建てる」か「土地付きの建物を買う」かでも同様の悩みです。
では、一体「建売住宅」と「注文住宅」の違いはどこにあるのでしょうか。また、どちらが理想の家に近づけられるのでしょうか。そして、弊社CAAは何を提案しているのか、をご説明いたします。
新築一戸建ての住宅をご検討の方、必見です。

建売住宅と注文住宅の違い

「建売住宅」と「注文住宅」は様々な点で相違があります。その違いをメリット、デメリットで比較してみました。

             

建売住宅、注文住宅

メリット

  • 価格第一
  • 注文住宅と比べるとコストが安い。
  • 完成品の場合には、見たままの建物が購入できる。
  • 購入後、早く住める。

デメリット

  • 間取りがすでに決まっているため、家に自分たちがあわせるようになる。
  • 建築過程を見ることが出来ないので、どんな材料が使われているか、どんな工事がされているかがわからない。
  • 内装や外装など決まった中からしか形や色は選べない。
  • 設備、建材などもほぼ決まっている。
  • 保証期間が10年が多数。

メリット

  • 品質・技術第一
  • 間取りを自由に作れる。
  • 建築過程を見ることが出来る。
  • 内装や外装をこだわれる。
  • 設備、建材も自由に決められる。
  • 保証期間が10年以上(定 期メンテナンスの上)

デメリット

  • 建売住宅と比べるとコストが高い。
  • 完成後のイメージが違うことがある。
  • 入居までに時間がかかる。

この比較で大きな問題となるのは、やはりコストと建物の自由度、さらに建築過程での確認ということになると思います。長い間居住する家は、これら点を重要視するのは当然のことだと言えます。
特にコストと自由度の兼ね合いが最初の悩みとなるでしょう。
この折衷案として、近年「イージーオーダー型の注文住宅」というものが広まってきています。
一般的にコストを抑えた注文住宅というと、この「イージーオーダー型の注文住宅」が多いと思います。

イージーオーダー型の住宅とは

内外の形、間取りなどパターン化した図面を何案か提案し、その図面を基に使い勝手や要望を考慮した組み替えを行います。その図面に沿った設計と建築をした注文住宅です。簡易型の注文住宅のため、自由に決められる範囲は限られています。
しかし、このイージーオーダー型の注文住宅であっても、コストと建物の自由度などは妥協せざるを得ない部分が多々あるのがお分かりいただけるかと思います。
結局、家づくりは、妥協せざるを得ない部分が多く、日本では昔から「家づくりは3度行わないと満足出来ない」と言われているのもそのためです。

CAAは、このお悩みに真摯に取り組み、コストと建物の自由度、さらに建築過程での確認などを全てを考慮した、「建売住宅並みのコストでの完全フルオーダー注文住宅」をご提案いたします。

完全フルオーダーこそ家づくりの醍醐味です

CAAでは、完全フルオーダー(土地付き)注文住宅以外はご提案いたしません。
完全フルオーダー注文住宅が、お客様が理想とする家そのものだからです。
また、お悩みの元となっている、コストと建物の自由度、建築過程での確認等の問題が全て解決されたCAA独自の施行システム「CDCP(委任代理請負一括方式)」を確立しております。
CDCPシステムは、国土交通省の認可(平成22年6月7日 正式認定)を受けております。また、特許庁において商標登録(第5365477号)をされております。
CDCPシステムは、全体工程表(フローチャート)を日本で初めて公開し、注文住宅建設の工程を明確にしました。この工程を明らかにすることで、ブロック別の契約が可能になり、変更、キャンセルもできる、透明性のあるプロセスが実現できたのです。
CDCPシステムの詳細は、「フルオーダー注文住宅講座」をご欄ください。